TOP > 製品のご案内 > 蓋止め・扉止め

蓋止め・扉止め

蓋止め・扉止め

主に小型の扉や蓋等の施錠を目的とした錠前装置・キャッチ・ラッチ錠等の機構部品・機械部品です。主な用途は、配電盤・分電盤・計測機器・工作機械・OA機器・制御盤等製品の詳細情報は、WEBカタログ(ラッチ・ファスナーカテゴリー)でご覧いただけます。

主な製品

錠前・カムロック
錠前・カムロック
シリンダー錠、FKロック、PKロック、南京錠、キースイッチ
キャッチ・蓋止め
キャッチ・蓋止め
キャッチクリップ、マグネットキャッチ、コーナーキャッチ
ラッチ
ラッチ
ラッチロック、ナイロンラッチ、スクリューファスナー
その他
その他
スクリューファスナー、ツマミねじ、抜け止めワッシャー、扉止めストッパー

蓋止め(TL-380-1の実装例)

レバー操作により、キーパーと結合するアームが連動する蓋止めです。この為、蓋止めのレバーを操作して閉める前に、手作業にてアームをキーパーへ掛けたり外したりする必要が無く、操作性に優れています。
更に、本品のアームは長さが調整可能なため、取り付け後の寸法調整や締め付け量の微調整が可能となっております。
また、南京錠を通すφ7.5mmの穴を設けております。施錠の必要がある際には、南京錠をご使用して頂く事ができます。
一般産業用機械の蓋や扉、工作機械用のボックス等に多く採用して頂いております。
本品を取り付ける際の注意点としまして、アームとキーパーとの隙間が狭いため、パッキン等の緩衝材を使用する際には圧縮代を2mm以下としてご使用願います

蓋止め 生産

TL-11Hステンレスキャッチクリップ(大)の生産現場の様子です。職人さん達の技量、創意工夫、物作りへの心に支えられています。

01

仮組立工程です。ゴムを用いて仮固定しています。

02

両軸カシメ工程です。専用機械で、軸の左右より偏心回転の圧力を掛けて、軸の頭を滑らかに潰すことにより、軸部品を固定します。

03

完成写真です。